漢方とは

あなたの症状と体質に合わせた漢方薬を調合します

 

漢方では次の4つの点を特に重視して処方がなされます。
 
 1.神経の働きや全身のゥ器官が活発であるかどうかに着目します。
 
一部の神経や器官の働きが低下すると多くの症状が現れます。体力が低下している人、病気に対する抵抗力が低下している人、 精神的・肉体的なストレスのある人は、神経のゥ器官の働きが不活発と成ります。
 
 2.血液の流れが正常であるかどうかに着目します。
 
漢方では、冷え症や精神的ストレスのある人、疾病が長期にわたる人などは血液の流れに異状が現れて諸症状がでると考えています。 血液の流れを正常に保つことが健康につながります。
 

3. 胃腸の状態が正常であるかどうかにも着目します。

胃腸は栄養物質を消化吸収する基本的な臓器です。この働きが正常でないと、胃腸の不快な症状以外に、アトピー性皮膚炎・ 喘息・慢性胃炎なども発生すると考えています。


4. 腎の働きが正常であるかどうかに着目します。

漢方でいう腎とは西洋医学での腎臓ではなく、人体生命の根本的な力をを持つ部位であると考えています。 この能力が不足すると成長発育の低下、気力や体力の低下、性的な機能減退、虚衰など、多くの症状があらわれます。



ページのトップへ戻る